介護福祉士になるなら実務者研修が必要!資格取得して手に職を

介護業界で働くなら取っておきたい資格は実務者研修

背中に手を添える

今後更に需要が拡大していくことが予想される介護業界はこれからの日本を支えていくのに欠かせない仕事のひとつであるといわれ、常に人材が必要とされています。
介護業界は無資格でも働き始めることが可能ですが様々な資格を取ることによって働く職場の選択肢が広がるため、働きながらキャリアアップしていく介護士が多いです。中でも必ず取っておきたいのがかつてはホームヘルパー一級といわれていた実務者研修です。この資格があるだけで働ける職場がぐっと増えますし、貰えるお給料もアップします。実務者研修の資格を有している介護士には月に数万円の「資格手当」が出ることがほとんどです。利用者さんに施せるケアの幅も広がります。
また実務者研修の資格を取れば国家資格である介護福祉士への道も開けますので、介護の業界で長く働くつもりが少しでもあるなら是非とも取得しておきたい資格でもあります。
現場で働きながら実務者研修の資格を取る介護士も多いです。その場合は専門の資格教室や民間のスクールに通ったり、数回の通学と通信による受講を経て実務者研修の資格を取得できます。
専門的な知識と技術を身につけることで、より介護の仕事にやりがいを感じられるようになるでしょう。

ピックアップ

ご飯を出す

実務者研修の資格を得て国家資格である介護福祉士を取得する

高齢化社会が深刻な社会問題となっている今日、これに対応する職業と言えば介護福祉に関連する一連の職業となります。それらの中でも介護福祉士という資格は国家資格でもあり、チャレンジする人が増えているの…

click!more
老人と会話をする

初任者研修を受けずにいきなり実務者研修を受けることができます

介護の仕事に興味があり資格を取りたいと思って調べると、多くは「初任者研修」、「実務者研修」、「…

メモを取る女性

実務者研修の資格を取得してお仕事に活かそう

介護の現場では常に人が不足しています。今後は高齢化が進んだ社会に進んでいくのでますますその傾向…